マンション経営に失敗しないように専門知識を付けておきましょう

家賃を保証する会社

女性

家賃未払いのリスク

賃貸経営するにあたり、最も不安に感じることは家賃収入が得られないことです。それでは、賃貸経営が成立しませんから、至極、当然のことです。家賃収入が得られない原因として真っ先に思い浮かべることは、借主がいないことですが、もう1つ考えておくべき原因があります。それは、借主が家賃を支払わないことです。もっとも、賃貸借契約をする際には、通常、連帯保証人が必要となりますから、家賃が支払わなければ、連帯保証人に支払ってもらうまでです。ただ、深く考えずに連帯保証人になった人もおり、そういった人の中には支払いに応じない人もいます。また、そもそも連帯保証人に、そのような連絡を入れるのは気が引けてしまうものです。そう言った時、とても役に立つ会社があります。それは、家賃保証をしてくれる会社です。

契約内容を確認

家賃保証してくれる会社というのは、借主が有料で契約をする連帯保証人の代わりになってくれる会社のことです。連帯保証人は頼みにくいものですから、借主にとって有難い会社です。もちろん、貸主にとっても家賃保証をしてくれますから有難い会社であり、借主からの家賃の支払いがないことを連絡すれば、すぐに支払いをしてくれます。そういったことから、家賃保証をしてくれる会社を利用するケースは多くなっています。中には、連帯保証人がいても、利用するケースもあります。注意すべきは、契約内容です。前述したとおり、家賃を保証する会社とは借主が契約をするのですが、その契約には貸主にも関係があります。例えば、家賃の未払いが発生した日から何日以内に連絡がないと、支払いには応じないといった契約が盛り込まれている場合がありますので、よく確認し、確実に契約内容にそって請求できるようにしておきましょう。