少ない資金で投資ができる|マンション経営に失敗しないように専門知識を付けておきましょう

マンション経営に失敗しないように専門知識を付けておきましょう

少ない資金で投資ができる

集合住宅模型

小口化で投資

近年では一棟買いのマンション経営だけでなく、区分マンションによる投資で資産運営するといった方法が採られます。それでも、区分マンションにはそれなりの資金が必要になるため、さらに少ない金額で投資できる方法として、みんなで大家さんというファンド商品があります。みんなで大家さんは小口化された不動産を1口100万円で投資することができ、まとまったお金から不動産を購入して賃料を分配するという仕組みです。その名の通りみんなで大家さんになれるといったもので、出資口数に応じて賃料を分配し、利益分配金を受け取ることになります。不動産ファンドのように市場で売り買いすることはできませんが、営業者へ譲渡することで現金化できるようになっています。

分配率も高い少額出資

出資金については賃貸利益によって評価される仕組みのため、不動産市場の影響を受けにくいというメリットがあり、現金化がしやすい、評価額が安定するなどの点から人気が高いファンド商品となっています。想定分配率は6.0%、分配回数は年6回と出資金の回収がしやすく、比較的安定した資産運用を求める人にとっては堅実とも言えます。また、出資のための申込手数料も無料となっていることから、誰もが利用しやすくなっているのも特徴です。一般的な不動産オーナーでは少なくとも500万円以上の資金を用意しなければいけないのに対し、みんなで大家さんでは1口100万円からと少額で始められるのが魅力となります。出資する物件を分散させることでリスク回避を狙うこともでき、他の不動産ファンドと合わせることで選択の幅が広がりそうです。